笑って卒業しよう!日大通信商学部

今日もワクワクを感じながら仕事と学習を頑張って、最後はポポポポーンっと、卒業まで駆け抜けます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

1級合格率、13.3%と発表されました!

こんにちは。番頭です。

日商から、126回の簿記1級合格人数と合格率が発表されていましたね。

今回13.3%という事ですが、ここ最近では今回の合格率はちょっと高めだったようです。

と、同時に出題意図、講評も発表されていました。

(以下一部引用)



第126回簿記検定試験
1級 出題の意図・講評

[商業簿記]
今回は、連結財務諸表の作成問題であり、受験者や専門学校の間では、ここ数回、出題
の予想問題として取り上げられてきた問題です。
非常にオーソドックスな形で出題されて
おり、出題する側としては高得点を期待していたのに反して、連結を勉強せずに避けてき
た受験者が多いと見えて、点数が低かったのは残念です。特にここ数年の間に、連結の会
計基準が改正されたこともあって、いまなお、古い会計基準に基づいて解答している答案
もみられました。連結に限らず、昨今の会計基準の改正は激しく、フォローするのに大変
な時間と労力を必要とするのでしょうが、簿記検定試験は、毎年度4月1日時点で施行さ
れている会計基準および法令に基づくことになっているため、新しい会計基準をきちんと
理解しておく必要があります。
本問では、期首の商品に未実現利益が存在しないこと、
またP社とS社との間の取引も
数も少なくしてありますので、新しい連結基準さえ理解していれば、それほど難しい問題
ではないはずです。ただ、連結の問題の中に、連結には関係しない有価証券の処理が含ま
れており、その点で多少戸惑った受験者がいたのかもしれません。しかし、従来の総合問
題と同じように解いていけばよいので、別に問題のあるところではありません。連結が出
題されたと慌てないで、落ち着いて解いていけば、十分に合格点はとれる問題であると思
われます。


(引用終わり、アンダーラインは番頭が加えました。)


これだけ見ると、

専門学校の予想問題を意識して今回出題されたのかな?、とも感じます。
同時に改正部分もちゃんと押えておくように、ともありますね。
あとは、落ち着け!という事です。

今後の参考になるかもしれないので、目を通しておきましょう。
スポンサーサイト

別窓 | 【日商簿記1級】学習日記 | コメント:0
∧top | under∨
<<私は阪神大震災を忘れない! | 笑って卒業しよう!日大通信商学部 | 自己管理にご機嫌取りの体重計を購入>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 笑って卒業しよう!日大通信商学部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。