笑って卒業しよう!日大通信商学部

今日もワクワクを感じながら仕事と学習を頑張って、最後はポポポポーンっと、卒業まで駆け抜けます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

難しい。リース会計


こんばんは。番頭です。

講義、行ってきました。今回のメインはリース会計

先生は、リース会社からコピー機をレンタルするイメージで授業を進めていました。
単にレンタルするだけの「オペレーショナル取引」と、長い期間やリース費用が結構かかっている場合には、もうボロボロになるまで使いまくるのだから、それはリース料を払って割賦販売しているのと同じ「ファイナンシャル取引」があるとのこと。

ファイナンシャル取引には、リース期間終了後、所有権が当社へ移転するか、リース会社へ返すのか(所有権移転外)によって、リース資産(レンタルコピー機など)の減価償却費の年数にも違いが出るし、またリース代に含まれるリース返済額と利子も「利息法」が絡んでくるとごちゃごちゃになります。

割引価値の考えが出ますからね。

先生は設例を使って、まずは計算手法を慣らしていこうと表を書いたりして説明してくれました。
その場では分かったつもりでも、いざやってみると出来ないんですよね。

割引価値は苦手な論点なので、問題集も進めていこうと思います。

・・・(支払費用)×× / (現金預金)××

と、簡単な仕訳にならないものですかね・・
スポンサーサイト

別窓 | 【日商簿記1級】学習日記 | コメント:0
∧top | under∨
<<実に面倒見の良い先生に教わっています | 笑って卒業しよう!日大通信商学部 | 能率手帳キャレルを購入>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 笑って卒業しよう!日大通信商学部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。