笑って卒業しよう!日大通信商学部

今日もワクワクを感じながら仕事と学習を頑張って、最後はポポポポーンっと、卒業まで駆け抜けます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ドラマ監査法人

こんにちは、番頭です。

先週土曜日からNHKで「監査法人」というドラマが始まりました。あらすじは以下のとおり。

【「監査法人」ドラマのあらすじ】
 2002年。バブル後遺症に悩む日本経済は、未だ先行きが見えないでいた。公認会計士・若杉健司が勤めるジャパン監査法人には二つの大きな意見対立があった。不況に苦しむ企業を救うためには、多少の粉飾も見逃そうという「ぬるま湯監査」派。不良企業は切り捨て、いかなる不正も認めないという「厳格監査」派。健司は、信頼できる先輩・小野寺直人のもとで、「厳格監査」こそ正義と信じるが、切り捨てられていく企業や社員の痛みを感じるたびに、仕事に疑問を感じていく。そんな時、健司は大手食品会社の粉飾を発見する。やがてそれは、財界、金融界を巻き込んだスキャンダルに発展し、健司たちも巨大なうねりに飲み込まれていく…。

公認会計士の仕事に注目したドラマって、これが始めてなんじゃないかな。

私が簿記の学習をしていたときは、仕訳を書いたり財務諸表の作成の練習をしました。

でもこれらはあくまでもテキスト上の世界。

現実の会計では、ただの数字だけではない、もっと深いものがあるんだと感じます。その後ろには社員の生活がありますからね。

企業再生ファンドを中心にスリリングな展開が面白かった「ハゲタカ」に続き、どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0
∧top | under∨
<<明日からスクーリングに参加 | 笑って卒業しよう!日大通信商学部 | カレー40皿分の作り方>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 笑って卒業しよう!日大通信商学部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。