笑って卒業しよう!日大通信商学部

今日もワクワクを感じながら仕事と学習を頑張って、最後はポポポポーンっと、卒業まで駆け抜けます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ロッキー・ザ・ファイナル

20070415114348
こんにちは、番頭です。

今日2回目の投稿は、昨日見た映画の続きです。

2本目はロッキー・ザ・ファイナル

来週末から公開なんだけど、先行上映ということで、1週間早く見ることが出来ました。

ロッキーといえば80年代の映画の代表作。あのテーマソングもお馴染みですね。ちょっと滅入った時とか、元気が欲しい時の定番。

今回もそれを期待して、感動する気マンマンで見てきました。

ところが・・・

「なんだこりゃ?」

ロッキーは既に引退しレストラン経営をしているが、今だにボクシングへの情熱は衰えていない。ある女性との再開をきっかけに、再びボクシングを始めようとするが、息子からも「もう歳を取りすぎているので笑い者になるだけ」と。

一度はライセンス申請も断られるが「歳を取ると失うものが多くなる、残り少ないもの(夢やプライド)まで奪わないで欲しい」と嘆願し、世界ヘビー級王者とのエキシビションマッチへ向かいます。

確か80年代に比べれば、映像が綺麗で、引退後の再起に賭けるストーリーもよく出来ていると思う。

でもね、安易に感動させようとしたのでは?と思いました。

トレーニングのシーンも短かったし、試合のシーンはあまりにも映像が綺麗過ぎて、最も盛り上がるところで私はむしろ興ざめしてしまいました。

昔のイメージを持ちすぎた私も悪いんだと思うけど、ロッキーってもっと泥臭いイメージがあるんです。

「ええやん、ボコボコにドツカれても。でもそう簡単には負けへんで~」っていう感じ。その感じが欲しかったんです。

期待が強すぎたからかもしれないけど、ちょっと残念でした。

でもね、60歳になってもまだ映画俳優にチャレンジするスタローンの姿勢は素晴らしいです。

私も、少し泥臭く、粘り強く生きてみたいと思います。

・・って言い過ぎですね(笑)
スポンサーサイト

別窓 | 【暮らし】日々の出来事 | コメント:0
∧top | under∨
<<初レポート完成! | 笑って卒業しよう!日大通信商学部 | ナイトミュージアム>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 笑って卒業しよう!日大通信商学部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。