笑って卒業しよう!日大通信商学部

今日もワクワクを感じながら仕事と学習を頑張って、最後はポポポポーンっと、卒業まで駆け抜けます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

フォーク・クルセターズのイムジン河

こんにちは。番頭です。

昨日はお昼頃から簿記の勉強をしていたのですが、あまりに暑かったので、気分転換をかねてお風呂に入りました。

私はお風呂に入るといつもラジオをつけています。

で、今日もお風呂でラジオを聴いていました。

そしたら放送中、「○○さんからのリクエストは、フォーク・クルセターズのイムジン河です・・ではどうぞ!」

その後、その曲がラジオから流れてきました。

まずは、歌詞を見てください。



イムジン河


松山 猛 訳詞
朴世永 原詩
高宗漢 作曲


イムジン河水きよく
とうとうとながる
みずどり自由に
むらがりとびかうよ
我が祖国南の地
おもいははるか
イムジン河水きよく
とうとうとながる


北の大地から南の空へ
飛びゆく鳥よ自由の使者よ
誰が祖国を二つに分けてしまったの
誰が祖国を分けてしまったの


イムジン河空遠く
虹よかかっておくれ
河よ思いを伝えておくれ
ふるさとをいつまでも忘れはしない
イムジン河水きよく
とうとうとながる


いかがでしたか?

もうご存知の方も多いと思いますが、この歌詞をめぐって発売当時「政治的配慮」により発売禁止になった曲です。(もちろん放送もできなくなりました)。

私は思わず風呂場の中で暫く聞き入ってしまいました。(もちろん驚きもありましたが)

融和関係が広がる中で最近になってようやく聞くことが出来るようになったのですが、まさか土曜のお昼のラジオ番組から流れるとは思いませんでした。

DJの方も「この曲は長い間放送禁止歌になっていましたが、今この時代だからこそ聞いて欲しいですね。」と語っています。

いわゆる放送禁止歌と呼ばれるものには、「今こそ聞いて欲しい」曲が結構あるんですよ。岡林信康さんの「手紙」なんかもそうですね。

皆さんも機会があったら、是非聞いて欲しいです。
スポンサーサイト

別窓 | 【暮らし】日々の出来事 | コメント:0
∧top | under∨
<<日福大の皆さん試験お疲れ様 | 笑って卒業しよう!日大通信商学部 | 多くの方が入学しました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 笑って卒業しよう!日大通信商学部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。